プリーツランプシェードの張替え





プリーツタイプのランプシェード張り替え事例のご紹介です。
このタイプの笠でよくあるのが、上部のフレームが生地から外れてしまうケースです。
長年、笠の重みを支えているので、生地の劣化とともに耐えきれなくなるのですね。

どのような状況でも、フレームが残っていれば復元ができますので、
「捨てないように」だけ、お願いできればと思います。

張り替えに使用したのは、オリジナルのプリーツ加工が施された生地。
シェードの“上下”に、トリムをのせて、エレガントな仕上がりを目指しました。



こちらが、張り替える前の状態です。


c0157866_11062554.jpg


c0157866_11063824.jpg


そして、完成後はこのような感じになりました。
トリム1つで、修復前と印象が変わりました。

c0157866_11072937.jpg


c0157866_11074169.jpg


c0157866_11080178.jpg




by bright-style | 2017-04-23 11:11 | ランプシェード張替え

「布を楽しむ暮らし」をテーマに、インテリア・ファッションの楽しみ方をご提案いたします。


by bright-style
プロフィールを見る