モリスのシートクッションを作りました




千葉県からお越しのお客様より、
シートクッションのオーダーを頂きました。
型紙をお持ち頂いたので、そちらに合わせて、
まずは中材から制作。

中材が出来上がったところで、
微妙なゆとり加減を見ながら、カバーを制作します。

お選び頂いた生地は、
ウィリアムモリスの『いちご泥棒』から、色違いで3色。
この生地は、1883年のモリスによるデザイン。
クッションのまわりには、同じくイギリスの生地、
『クラーク&クラーク』でパイピング。

シートクッションは〝リバーシブル使い〟ができるように、
イチゴをくわえた小鳥と、そうでない小鳥を、それぞれ配置。
その日の気分で、楽しんで頂けます。

完成後は、当時モリス商会で人気を博した、
サセックスチェアにのせてみたところ・・・。

思った通り、良い感じです!

シートクッションの制作承りますので、
お気軽にご相談下さいませ。



c0157866_19045884.jpg


c0157866_19054329.jpg


c0157866_19062990.jpg


c0157866_19070048.jpg



c0157866_19071510.jpg



c0157866_19073628.jpg





by bright-style | 2017-05-12 19:11 | ウィリアムモリス

テーマは「Life with Fabrics 布を楽しむ暮らし」 インテリアファブリックスを通して、インテリアやファッションの楽しみ方をご提案いたします。


by interior styling of bright