<   2017年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ピュアモリス





ピュアモリスのカーテン生地、
『Pure Ceiling Embroidery・ピュア シーリング エンブロイダリー』が入荷しました。
オーガンジー全体が総刺繍された、とても贅沢な生地。(¥31,300/m)

この生地を使って、これからランプシェードの張り替え制作に入ります。
完成しましたら、あらためてご紹介したいと思いますので、お楽しみに!




c0157866_19311077.jpg



c0157866_19315843.jpg



c0157866_19321204.jpg



c0157866_19323650.jpg



こちらのランプシェードは、
今月から販売を開始した『ピュアモリス シーリングエンブロイダリー』です。
c0157866_19325607.jpg









by bright-style | 2017-05-30 19:36 | ウィリアムモリス

ランプシェードの張り替え





ランプシェード張り替え事例のご紹介です。
こちらの画像は、完成後の様子。

〝黄色〟にこだわり、
おすすめしたのは、スイス『フィスバ』の上質なコットン生地です。
発色が良いのと、繊維が細く、シェードの張り地向きな、滑らかさが特徴。


ランプシェードの張り替えのことなら、お気軽にご相談下さいませ。




c0157866_13401088.jpg



c0157866_13402300.jpg



c0157866_13403444.jpg





by bright-style | 2017-05-28 13:44 | ランプシェード張替え

モリスのテーブルランナー




ウィリアムモリス『いちご泥棒』のプリント生地で、
テーブルランナーのご注文を頂きました。


こたつテーブルの上にのせて使うそうです。
テーブルのサイズを教えて頂ければ、
それに見合う大きさで、お作りします。

テーブルクロス制作のご相談は、お気軽にどうぞ。


c0157866_16333175.jpg




c0157866_16354095.jpg






by bright-style | 2017-05-26 16:36

モリスのテーブルクロス




ウィリアムモリス『ピンパーネル(ルリハコベ)』のプリント生地で、
テーブルクロスをオーダー頂きました。

ターンオーバー(反転)のプリントは、
いざ、テーブルに広げてみると、迫力があります。

テーブルクロスの四方に、
ブレードをのせてトリミング。

この度は、ご注文下さり誠にありがとうございました。



c0157866_19253638.jpg



c0157866_19255258.jpg






by bright-style | 2017-05-24 19:30 | テーブルウェア

ウィリアムモリスの布バッグ





モリスのデザインの特徴のひとつ。
ターンオーバー(反転)技法で描かれたプリント生地。
その名も『ピンパーネル(ルリハコベ)』

その生地で、バッグのオーダー制作を承りました。

使い慣れたバッグをお持ち込み頂き、
それをもとに制作。
参考にし点は、デザインではなく
〝A4の書類が、ゆったり入る〟という
寸法的なことが主です。

左右対称デザインの、ピンパーネルの美しさを、
最大限生かせるように、柄取りは念入りに。

この様な感じに仕上りました。
完成写真は、サセックスチェアにのせて…。

この度は、ご注文下さり誠にありがとうございました。




c0157866_14574706.jpg



c0157866_14581727.jpg



c0157866_15005201.jpg



c0157866_15015531.jpg





by bright-style | 2017-05-22 15:04

ランプシェードの張替え





ランプシェードの張り替え事例のご紹介です。

張り替えさせて頂いたのは、ご覧のスクエア型のシェード。
スタンドから笠が外れず、引き取りに伺いました。
brightオリジナル生地で、〝復元〟します。



張り替える前の状態です。


c0157866_19552951.jpg



c0157866_19562937.jpg



c0157866_19564794.jpg




シェードの上蓋も共生地で制作。
きれいなランプシェードに生まれ変わりました。



c0157866_19575499.jpg



c0157866_19580796.jpg



c0157866_19581808.jpg







by bright-style | 2017-05-19 19:59

サンダーソン ファブリックパネル





サンダーソンのヴィンテージプリントで、
ファブリックパネルのオーダーを頂きました。

1950年代デザインの、チンツ加工された生地は、
表面がとても滑らか。
チンツの程よい光沢感は、パネルとの相性が抜群です。

完成後は、パネル裏に紐を張り、
壁に取り付ける、受けのフックもお渡ししております。

ファブリックパネルの制作、ご相談は、お気軽にどうぞ!



c0157866_12421198.jpg




by bright-style | 2017-05-17 12:44 | ファブリックパネル

モリスの洋服





モリスの『マリーイザベル』で、洋服を作りました。
ベストがお好きなお客様より、オーダー頂いたものです。
スタイルは、最もポピュラーな〝ノーカラーベスト〟をチョイス。

シルクに刺繍が施された、素晴らしい生地。
デザインは、モリスの弟子『ジョン・ヘンリー・ダール』だそう。

「前身頃だけでなく、後ろにもモリスを」とのご要望でしたが、
「前だけに柄を配置した方が、バランスがとれるかな…」、と思いご提案。

後身頃は、アクセントの“パーブル”で、
クラーク&クラークのシャンタン生地を合わせました。
フレアスカートも同じ生地で、一体感アップ。

出来上がりは、この様になりました。
結果、とてもお喜び頂き、作り手としては、この上なく嬉しい限りです。



c0157866_21073538.jpg



c0157866_21074870.jpg



c0157866_21080344.jpg



c0157866_21081774.jpg





by bright-style | 2017-05-15 21:18 | 洋服

モリスのシートクッションを作りました




千葉県からお越しのお客様より、
シートクッションのオーダーを頂きました。
型紙をお持ち頂いたので、そちらに合わせて、
まずは中材から制作。

中材が出来上がったところで、
微妙なゆとり加減を見ながら、カバーを制作します。

お選び頂いた生地は、
ウィリアムモリスの『いちご泥棒』から、色違いで3色。
この生地は、1883年のモリスによるデザイン。
クッションのまわりには、同じくイギリスの生地、
『クラーク&クラーク』でパイピング。

シートクッションは〝リバーシブル使い〟ができるように、
イチゴをくわえた小鳥と、そうでない小鳥を、それぞれ配置。
その日の気分で、楽しんで頂けます。

完成後は、当時モリス商会で人気を博した、
サセックスチェアにのせてみたところ・・・。

思った通り、良い感じです!

シートクッションの制作承りますので、
お気軽にご相談下さいませ。



c0157866_19045884.jpg


c0157866_19054329.jpg


c0157866_19062990.jpg


c0157866_19070048.jpg



c0157866_19071510.jpg



c0157866_19073628.jpg





by bright-style | 2017-05-12 19:11 | ウィリアムモリス

ランプシェード張替え




今日は、ランプシェードの張り替え事例をご紹介します。
張替えのテーマは、〝復元〟すること。
生地はずいぶんと焼けてしまっているので、
もとの色がハッキリしないのですが、
少々、色味を変えることでご了解頂きました。

あらたな張り生地は、定番『フィスバ』の、上質なコットン生地。
フリンジは、色に拘った別注品を合わせました。

歪みの無いフレームは再利用。
張り上がりに影響のないよう、
ホワイトでタッチアップしています。



こちらが、張り替える前の状態です。


c0157866_18524056.jpg


c0157866_18525586.jpg


c0157866_18530973.jpg


c0157866_18532031.jpg


そして、完成!
オリジナリティ溢れる色使い。
美しく生まれ変わりました。


c0157866_18544766.jpg


c0157866_18545882.jpg


c0157866_18551293.jpg


c0157866_18552803.jpg





by bright-style | 2017-05-10 18:59 | ランプシェード張替え

テーマは「Life with Fabrics 布を楽しむ暮らし」 インテリアファブリックスを通して、インテリアやファッションの楽しみ方をご提案いたします。


by interior styling of bright