カーテンのAフックとBフックの使い分け

     トーソーのカーテンレール『レガート』と『エリート』で、
     カーテンのフックの違いをご説明致します。

     まずは、装飾レールである『レガート』の場合・・・
     カーテンレールを美しく見せるため、『Aフック』でオーダーして下さい。

     ちなみに、写真はのカーテンは、カーテンと窓の間をふさぐ『リターン付仕様』です。
カーテンのAフックとBフックの使い分け_c0157866_19561056.jpg


   こちらは、トーソーの機能性レールの定番『エリート』です。
   この種のレールの場合、ドレープカーテンを閉じた時に、
   レールが隠れてすっきり見える『Bフック』でオーダーします。
カーテンのAフックとBフックの使い分け_c0157866_2013126.jpg

   レースは、どちらのレールの場合も、レールを隠さない『Aフック』で
   オーダーするのが一般的です。
by bright-style | 2010-10-06 20:05 | brightアイディア

モリスが大好きな作家と、インテリアが大好きなコーディネーターの、日々の創作活動を綴っております。


by interior styling of bright
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30