“いちご泥棒”現る



 “いちご泥棒”現る・・・
このタイトルが気になった方は、「府中市美術館」へ出かけてみては如何でしょう。

モリスのデザインした、布製品や室内装飾品、家具などがご覧頂けます。
「役に立たないもの、美しいと思わないものを、家に置いてはならない。」という、
モリスの哲学を、この機会に是非ご覧頂ければと思います。




        「ウィリアム・モリス 美しい暮らし」展/ 府中市美術館にて

        会期 2013年 9月14日(土)〜12月1日(日)


c0157866_2081949.jpg

by bright-style | 2013-10-03 20:08 | アートに関すること

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright