ウィリアム・モリス 「ウィローボウボイル」のれん


ウィリアム・モリスは日本文化の影響を少なからず受けていたそうです。

だからでしょうか、彼のデザインは日本の住宅、インテリアにもよく合います。

こちらは以前施工した和室のタペストリ。 アイアンのポールに合わせています。

障子に合わせても全く違和感を感じません。


c0157866_17292244.jpg













今回は、レースカーテンとしても人気の高いウィローボウボイルで日本的なインテリアアイテム

「のれん」を作ってみました。



c0157866_17355696.jpg







テムズ川沿いの柳の葉がモチーフになったと言われるデザインです。

本当に風に揺らいでいる様ですね。 ポリエステル素材がベースですが麻が少し入っています。



c0157866_17363830.jpg






上部は明るいベージュ生地で切替え、同系色の装飾テープをあしらい、洋室にも和室にも

合わせやすいように仕上げました。


c0157866_17393110.jpg





光を通すと柄が透けて一段と美しく見えます。

c0157866_17415920.jpg







お色違い、ブルーもございます。


c0157866_17425518.jpg



c0157866_17433686.jpg



c0157866_1746513.jpg





間仕切りに、目隠しに如何でしょうか。




オンラインショップはこちらからどうぞ。
by bright-style | 2014-08-06 17:54 | ウィリアムモリス

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright