ZIMMER+ROHDE(チマー・ロード)新作発表 ウィリアムモリス正規販売店のブライト

ドイツのブランド

ZIMMER+ROHDE

(チマー&ロード)
新作発表会へ行ってきました。

1899年の創立以来『最上の布地』を企業理念とし、
普遍と革新で紡ぐ、上質で美しい生地と壁紙を
生み出しているヨーロッパ屈指の会社です。
今回は3つのコレクションをご紹介いただきました。


c0157866_02060607.jpg


コレクションタイトル

『WANDERLAND』

1960年~70年代に世界の富豪たちが世界中への旅行で集めた
コレクションを飾っていた「ワンダールーム」から
インスピレーションされたコレクション。
とてもワクワクするタイトルです♪

全ての生地に触れさせていただき
そのパーツの実物を見せていただいたり
製造工程の動画を見せていただいたり
とても濃密なお時間でした。

いつものことながらその一部をご紹介。


c0157866_02061951.jpg

カーテンはこのコレクションの中心になっている
『Wonderland』(ワンダーランド)
神話に出てくる風景を基に
葦に留まったトンボが描かれています。
縦糸にデジタルプリントを施したものに
横糸を刺すという特別なプリントテクニックにより
柄が生き生きとしています。
また、横糸を抜いてフリンジを作った時にも
柄はそのまま残るので、アイデア次第でより
楽しむことが出来そうです。

ソファーは『Salone』(サローネ)
グラデーションのモール糸を使用した
色と質感に遊び心が感じられるシャネル調のツイード生地です。



c0157866_02101992.jpg

カーテン:『Hidden Tresure』(ヒドゥン・トレジャー)
コットンサテン生地にモダンな刺繍が施されてるのですが、
この刺繍の技術がすごいんです。

c0157866_02102150.jpg

刺繍の上に刺繍を施し、更に糸でカバー。
そのカバーした糸をカットし、
下のカラフルな刺繍糸が見えているという仕組み。
まさに隠された宝物ですね。





c0157866_02102571.jpg

カーテン:『Zagora』(ザゴラ)
バウハウスの時代に注目したパターン。
柄はアップリケではなく直接刺繍を施しているところがポイントです。






c0157866_02103700.jpg


ソファー:『Yasar』(ヤシャル)
アフリカはショーワ族のテキスタイルにインスピレーションを
受けたベルベット生地で、耐摩耗性と難燃性を併せ持っているので
幅広い空間に使いやすいアイテムです。

c0157866_02123437.jpg

カラー展開も豊富な11色展開。
個人的に今回のコレクションで一番ときめいた生地です。






アウトドアコレクション『SUN LOUNGE』

インドア用の生地の外観的魅力を備え、更に高機能を持たせた
インドア・アウトドア両方で使用可能なテキスタイルたち。
c0157866_02170642.jpg

Perfect Performance ー 完璧な機能生地
と謳われたファブリック。
・耐光生
・撥水性
・湿潤、乾燥共で優れた耐摩耗性
・低アレルギー性
・汚れに強い
・塩素系溶剤、塩水、日焼け止めクリームとの接触で変色しない
・手洗い可能(30℃)

ドイツではインダストリアルなインテリアが流行っており、
窓にカーテンを付けない家が増えてるんだそうです。
室内と外を繋げるアイテムとして使えるのはいいですね。




壁紙のコレクション
『ADVENTURES』
最初のアイデアから完成するまでを冒険に例え、
伝統的な職人技や最新デジタルプリントまで
多種多様な素晴らしいデザインと技術を駆使して作られた壁紙たち。
輸入壁紙にはめずらしく1mカットからの販売となってます。

c0157866_02173425.jpg

本社ドイツのエキスポートマネージャー、エヴァさん。
彼女がカーテンから壁紙全てを英語でご説明くださいました。

c0157866_02173708.jpg

壁紙:『Wanderland Wall』
ファブリック『Wanderland』とお揃いの壁紙。
強く鮮やかな色合いと中間的で控え目な色合いのバリエーションで
人々を魔法の世界へ誘うイメージです。
どこかエキゾチックでファンタジーも感じさせてくれる壁紙ですね。





c0157866_02174232.jpg
『Pieces』(ピーシス)
薄いガーゼと粗い織りといった異なる素材を組み合わせた壁紙。
ガイドラインはあるけれど、職人さんたちが自由に組み合わせて
下地に貼り付けているんだそう。

他にも和紙をつかったり、抽象画のようなデザインだったり
ハンドペイントしたようなデザイン、メタリックな表現をしたものなど
もう全てがいちいち手の込んだ製法で作られておりました。




ZIMMER+ROHDEの会社に属している
『ETAMINE PARIS』(エタミン パリ)
この春のコレクションは
『Promenade Des Angle - Voyage à Tunis』
(プロムナード・デ・ザングレ - ボワイヤージュ・ア・チュニス)
コートダジュールとチュニジアからのインスピレーション。

フェミニンでナチュラルな印象でした。
c0157866_02200094.jpg
『Ballade』(バラード)
このコレクションの出発点とも言えるアイテム。
水彩画の技法を使って繊細に表現された
ニースの海岸を散歩する人たちがリネン地に描かれています。




c0157866_02200303.jpg

『Petite Terrasse』(プティ・テラス)
地中海の中庭のタイルパターンからのインスピレーション。
コレクションの他の生地を引き立てるアイテムです。




c0157866_02200583.jpg

『Plage』(プラージュ)
はっきりとした幾何学模様ながら落ち着いた色合いと
軽やかな生地で作られた装飾用テキスタイル。
夏のそよ風、砂浜、パラソルの色を思い出させます。






c0157866_02180734.jpg


『Voyage à Tunis』(ボヤージュ・ア・チュニス)
画家パウル・クレーによるチュニジアへの
旅のオマージュを捧げたアイテム。
近東の独特な光感をも描いた
北アフリカの風景の描写となっています。




全体を通して「旅」もキーワードになっているのかなと
思うコレクションでした。


お部屋づくりにもストーリー性を持たせると
バラバラなテイストのものも、うまくまとまったりしますよ。

インテリアのご相談はbrightまでお気軽にどうぞ♪




bright ブライト「interior styling of bright」のホームページは、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。






by bright-style | 2019-07-05 17:21 | brightコーディネーター日記

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright