ウィリアム・モリス『MERSETTER』新作プレゼンテーション ウィリアムモリス正規販売店のブライト


ウィリアム・モリスの次女
メイ・モリス。
モリス商会の有力メンバーで父モリスの助手として働き、
刺繍やそのデザインの腕は、
刺繍部門の責任者も務める程でした。

そんな彼女の才能をもっと世の中に伝えたい!と
メイのデザインや刺繍のアーカイブにスポットをあてた
コレクション『MELSETTER』(メルセッター)が
発表されました。
タイトルはスコットランドにある
メイの友人の大切な家、Melsetter Houseから。
c0157866_17593680.jpg
https://www.undiscoveredscotland.co.uk/hoy/melsetter/





前半はメイ・モリスの生涯について
Morris&Co.の特別顧問Michael Parry氏(マイケル・パリー)より
詳しくお話いただきました。
必死でメモしたので、刺繍関連のメイについてをご紹介。
c0157866_18545977.jpg
May Morris(1862-1938)


彼女の大きな転換期は1876年。
姉のジェーンがてんかんの発作を起こし、
両親が姉にかかりきりになり一人で過ごす時間が増え、
刺繍やアートの腕を伸ばしていきます。
アクセサリーのデザインもしていました。

やがて1881〜83年デザイン学校で刺繍を学び才能が開花。

その頃からモリス商会の仕事も手伝う様になり、
1883年「ハニーサックル」を初デザインし
父との絆も強くなっていきました。

1885年には23歳の若さで刺繍部門の責任者となり
1896年まで務めます 。

その間、刺繍部門はモリス商会において
経営の1つの柱になる程、重要な存在に成長し、
1890年に刺繍のキットを発売、
1893年にはニードルワークの本も出版するなど
活躍しました。

1896年に父ウィリアム・モリスが亡くなり、
モリス商会を退社。

退社してからは、学校で刺繍の講師をしたり、
アーツ・アンド・クラフツ運動でアメリカまで講演に行ったりと
フリーランスで活動します。


1914年に母が亡くなり、姉の面倒をみながらケルムスコットで過ごし、
そこで今までの多くの文献をまとめます。
それらは後に日本語にも訳され、
そこで初めて日本にモリスが知られることとなるのです。

1923年、引退。
ロンドンを引き払ってメイの表舞台の刺繍活動は終わったようです。

私生活の方は、昼ドラ(朝ドラではない)になりそうな
今の常識ではビックリなエピソードもありましたが、
結婚し(後に離婚)いつか子供が生まれた時のためにと
キルトに刺繍していたこと、
そしてそれは彼女が亡くなるまで外に出されることは
なかったというエピソードはちょっと切なくなりました。

メイにも、彼女の姉ジェニーにも子供はいなかったため
ウィリアム・モリスの家系は100年程で
途絶えてしまいましたが、
こうして現在もデザインが引き継がれ、
多くの人々の生活に喜びを与えてくれていることに
素晴らしさを感じます。



では『MELSETTER』からご紹介。

c0157866_18550761.jpg
『Lemon Tree』
モリスの人気柄『フルーツ』からインスピレーション。
マナトレーディングの社員さんたちの中で人気No. 1のデザイン。

c0157866_18550911.jpg
『Lemon Tree Embroidery』
壁紙と同柄の生地です。
どんなテイストのお部屋でも合わせやすそうです。







c0157866_18551475.jpg


『Wilhelmina Weave』

ハニーサックル、クレマチス、アカンサスの葉がデザインされた
シルクのような光沢のある生地です。
下の画像のようにソファー張りにするのもとっても素敵!





c0157866_18551715.jpg


『Brophy Trellis 』
Brophyというデザイナーによる天井紙を元に
メイオリジナルデザインの一つからトレリスの構造を作り直して
花と葉を追加し、他のモリスの生地や壁紙とも合わせやすく
リデザインされたもの。
こちらも同柄の生地があります。


c0157866_18552162.jpg

『Brophy Embroidery』
北欧スタイルのインテリアにも合いそうですね。






c0157866_18552418.jpg

『Wilhelmina』
こちらも2つのモリスの刺繍デザインを
組み合わせてリデザインされたようです。

c0157866_18552624.jpg

色んな種類の植物たちがプリントされています。
ふわっとした柔らかな色使いも合わさってフェミニンな印象ですね。
優しい気持ちになれそうです。






c0157866_18552886.jpg

『Double bough』
キラキラしたビーズが貼られていて、それが光に反射し
ほんのり表情をもたらします。

c0157866_18553128.jpg

どれも使いやすそうな5色展開です。







c0157866_17360777.jpg


コレクションタイトルにもなっている
『Melsetter』

メイが1893年に父親のために作った刺繍入りのベッド飾りを元に
新しくMelsetter Houseのめに描いたデザイン。

c0157866_18554243.jpg

壁紙バージョンは140cm×3mのパネル柄。




c0157866_18550360.jpg


『Melsetter』
壁紙と同じタイトルですが少しデザインが違っています。

c0157866_18553961.jpg

生地のアップ。
鳥さんの顔がモリスのに比べて優しくて可愛いです。





c0157866_18554703.jpg

『Seasons by May』
メイのもっとも有名なデザインのひとつ。
これ全部刺繍です。
当時はこれを手作業で全て刺してたことを思うと
気が遠くなりそうでひれ伏したくなります。

c0157866_17360949.jpg


わりと大柄な生地です。




c0157866_18553790.jpg

『Wilhelmina』
タイル状のリピートなので
切り取ってアートのようなポイント使いにも
できそうです。



ウィリアム・モリスなデザインだけれども
固さがなく柔らかなデザインやお色なので
ぜひリラックスしたい空間にオススメしたいコレクションでした。




bright ブライト「interior styling of bright」のホームページは、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。


沖縄陶器&インテリア『kilott・キロット』のホームページは、こちらからどうぞ。





by bright-style | 2019-07-16 10:26 | brightコーディネーター日記

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright