2009年 03月 05日 ( 1 )

うずまきとカーテンと

新築のご新居の窓にカーテンをお考えの時、何から選び始めますか?
おそらく大多数の方が、まずは生地選びから始められるのではないでしょうか。しかし、生地は国内メーカーから海外メーカーのものまで、本当に数えきれないほど種類があり、迷ってしまわれる方も多いのではないかと思います。

そんな時、目先をちょっと変えてカーテンレールから選んでみては如何でしょうか。レールも生地と同じ様に、たくさんの種類があります。しかし、生地と比べると素材、テイストなど意外としぼりやすいものです。
まずは、気に入ったレールを見つけてから、そのレールに合う生地を探してみると、意外と早く生地が決められることもあるのではないでしょうか。



そこで、本日はちょっと面白いものをご紹介いたします。
これは、レールにカーテンを吊るす時に必要なランナーと呼ばれる、カーテンレールの部品です。かたちはうずまき型、まるで蚊取り線香です。ドイツ製のメーカーのものですが、レール自体はシルバー色のモダンでシンプルなかたちですが、部品であるランナーは数種類からお好きなタイプを選べるようになっており、うずまきタイプはその中の1つです。


c0157866_1995568.jpg




カーテンは直接ピンで取付けるようになっています。今回は、綺麗なグリーンのプリントレースを合わせていますが、ドレープなら思いっきりシンプルに、質の良い麻や綿の無地を合わせてみては如何でしょうか。
メタルシルバーのうずまきが映える様に、少しダークな色でも素敵かもしれません。

カーテン選びはなかなか難しいものですが、生地でもレールでもタッセルでも、なにかお気に入りをひとつみつけて、そこから組み合わせを考えてみる方法は有効です。まずは、是非お気に入りを探してみて下さい。


c0157866_19172280.jpg

by bright-style | 2009-03-05 19:24 | brightアイディア

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright