2009年 05月 11日 ( 1 )

ジャカード織のモリスはいかが?

今日は、「川島セルコン」が扱っているウィリアムモリスデザインのカーテンをご紹介いたします。
カーテンレールは、トーソーの「レガート」でシンプルに吊っています。

c0157866_19592398.jpg


特にモリスシリーズは、大変しっかりとした『ジャカード織』なので、カーテンの裾が
横に広がりやすく、写真の様に綺麗にたたむことが容易ではありません。
そこで、生地の組成が100%ポリエステルだからこそ可能な「ファインウェーブ加工」を
お薦めいたします。
ワイドの大きいカーテンも、“形態安定加工”で楽々たたむことができます。
c0157866_2014219.jpg


ところで、下の写真は台形型の出窓に沿った標準のカーテンスタイルですが、
過去の施工例はすべて「ストレートバランス」を上部に取付けていました。
『バランススタイル』がピン!とこない方は、一番下の写真と見比べて下さい。
c0157866_20221392.jpg

“引き算”だけのカーテンスタイルだけでなく、このような“足し算”発想で
『バランススタイル』を取り入れてみてはいかがでしょう?
c0157866_21161319.jpg

by bright-style | 2009-05-11 20:53 | ウィリアムモリス

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright