2012年 05月 28日 ( 2 )

フェストゥーンブラインド


 イギリスカントリーのウィンドースタイル。フェストゥーンブラインドです。
 日本でいうところの、バルーンシェードになります。

 生地は、タテ糸/綿100%、ヨコ糸/ポリエステル100%からなる、

 「ロイヤルウースター」のロマンティックな花柄。

 光が降り注ぐ窓では、生地の質感を生かした、やわらかい光を楽しむことができます。

c0157866_21114335.jpg


 クリーニングを為さった直後とのことで、4年前に設置されたカーテンとは思えません。

 素材に綿などの天然素材が入っていると、汚れをきれいに洗い落とすことができることを、

 あらためて実感致しました。 

c0157866_21155013.jpg


    小窓は、少しスタイルを違えた、フラットバルーンスタイルで。

    トップトリートメントのように、窓上にたくし上げて楽しみます。

    花柄のプリント生地とシェードスタイルの組み合わせ。

    時間の経過とともに、愛着のわいてくるカーテンスタイル・・・。 とても素敵です。

    本日は、お時間を戴き誠にありがとうございました。

c0157866_21211442.jpg


 

by bright-style | 2012-05-28 21:42 | brightアイディア

手描きの壁紙は英国製


イギリスの「de Gouenay」は、18世紀の伝統的な手描きの手法を今に伝える壁紙メーカーです。

当時ヨーロッパで人気のあった中国風、日本風など東洋的なパターンや植民地時代のアフリカのジャングル

のパターンなどすべてが大切に保存され現代のインテリアデザインにそのまま再現できるという事実には

ただただ驚くばかりです。 パターンを選び設置場所に合わせて拡大、縮小することもできるそうです。

壁に直接描くのではなく、お客様のご要望にお応えしカスタマイズされた壁紙として毎回製作される壁紙は

日本国内でもホテルやレストラン個人邸で採用されています。 同じパターンでカーテン生地なども手描きで

オーダーすることができます。

画像はサンプルの壁紙です。 近くで見ると本当にそのラインや色使いは人の手を感じることができます。

もちろん時間も手間もかかりますが、現代に残る究極のカスタムメイドインテリアです。



c0157866_1044436.jpg




c0157866_10445714.jpg

by bright-style | 2012-05-28 10:51 | 壁紙張替と床工事

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright