2019年 04月 11日 ( 1 )

トミタ新作展示会 ウィリアムモリス正規販売店のブライト

壁紙やインテリアファブリックなど
世界の最上級のインテリア商品を扱う会社
c0157866_16404978.jpg
京橋駅直結、京橋エドグランにあるショールームに
行ってきました。

壁紙やカーテンを見れるショールームって
どこかのビルの上に入ってたり、
一本奥まった場所にあったりで、
わざわざそこに行かなくては見れない
って感じの場所にあることが多いのですが、
こちらは商業施設の1階の路面店。

世界中の素晴らしい個性的な
壁紙やファブリックス、家具などが見れます。

しかもショールームなので、
売りつけられる心配もございません

c0157866_16405164.jpg
中に入ると桜のクッションがお出迎え。
ジャンポール・ゴルチェです。

c0157866_16405627.jpg
今年の新作たち。
見やすいよう棚の上に置かれてました。


たくさん出ている中から気になったブランドをピックアップ

まずは最初はフランスはパリの
『PIERRE FREY/ピエール フレイ』
『BRAQUENIE/ブラクニエ』
c0157866_01040462.jpg
25歳から35歳をターゲットにイメージしたというコレクション

c0157866_01182173.jpg
いただいたカタログの表紙になっていたソファーの生地はこれかな?!
さりげなくパイナップル。


それとシノワズリな柄がとても印象的でした。
クッションや衝立てなどがたくさんディスプレイされてましたよ。

c0157866_16405893.jpg
カーテンとしても展示されてましたが
クッションのが魅力的に感じました

c0157866_16410114.jpg
ポイント使いできるボーダーも♪
c0157866_01274675.jpg
こちらの生地とボーダーはベッドリネンなんかにもよさそう
と思ったのですが
素材はシルクとビスコース
ナチュラルな風合いだったのでちょっとビックリ

パーテーションになって展示されてました
c0157866_16411795.jpg

柄×柄×柄
柄がいっぱいなのに素敵



こちらもパリから
『MANUEL CANOVAS/マニュエル カノヴァス』
c0157866_01041429.jpg
色彩の魔術師と言われたフランス人画家アンリ・マティスに
インスパイアされたコレクションとのこと。

カタログから
c0157866_01043131.jpg
c0157866_01042849.jpg
他のページも全てピンクが用いられててて
とにかくピンク押しの模様
c0157866_16405208.jpg

並べられたカタログも1番上は全てピンク
今年のトレンド色、コーラルピンクが関係しているのでしょうか?!

可愛らしすぎないピンクが
沢山でトキメキます♡

ファブリックパネルにしても素敵そうだなぁ
って思ったらありました‼︎
c0157866_01040733.jpg

壁じゃなくて、こうしてさり気なく
棚に飾るのもいいですね♪


全体的にどのブランドも民族調の柄や70年代ぽいレトロさだったり
モダンでもどこか懐かしい感じがしました。



by bright-style | 2019-04-11 10:00 | brightコーディネーター日記

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright