2019年 06月 06日 ( 1 )

トワルドジュイに魅せられて ウィリアムモリス正規販売店のブライト

フランス伝統の生地、トワルドジュイ。

イメージするのは牧歌的な農民たちの生活や
田園風景の中で寛いだり遊んだりしてる貴族が
描かれた一色でプリントされた生地。
c0157866_01391363.jpg
トワルドジュイがお好きな方にはご存じ
テヴノン社『Ludivine』
日本では『ブランコに乗った少女』で親しまれてるみたいですね。


とか、こんなの↓
c0157866_01392790.jpg

一度は目にしたり耳にしたことがあるのではないでしょうか。


そんなトワルドジュイのセミナーがありましたので行ってきました。

c0157866_01385015.jpg
セミナーは、え無料でいいんですか?
ってくらい充実した内容でした。
何より講師の永島先生の豊富な知識と
本当にトワルドジュイが大好きなんだなぁっていうのが伝わってきて、惹きこまれるあっという間の2時間。


あまりに濃ゆい内容でしたので
ここではインテリアコーディネーターとして
押さえておきたいなと思うところを
書いておこうと思います。


トワル・ド・ジュイとは
La Toile de Jouy
=ジュイの布、ジュイで作られた布
という意味。
ベルサイユの南東にある小さな村
ジュイという土地にあった工場で作られた
コットンプリント生地がトワルドジュイです。

ジュイに工場を構えたのは、ドイツ人のオーベルカンフ。

ジュイ工場で作られたのは1760-1843年の83年間のみ。
つまり本物のトワルドジュイはアンティークで
残っているものしか存在せず
まず私たちの手には入らないってことです。

今日のトワルドジュイは「ジュイの布」という意味ではなく
他の工場や他業者が当時の版木や銅版、
銅版ローラー、デザイン帳を引き継ぎ作った復刻版。
また、同時代のプリント生地。
そして、それらのスタイルをアレンジして作られたプリント生地。
全てを指す一つのジャンルの名称なのです。


元はインド更紗への憧れから始まったトワルドジュイ。
c0157866_01110627.png
インド更紗ってこんな感じ。
インド更紗で検索してスクショしてみました。



ジュイ工場では3万点程のデザインが生み出されましたが、
8割はカラフルな木版プリントによる植物柄なんだそう。
c0157866_01390433.jpg

『花と鳥』

画像はジュイ工場デザインの復刻版。
今年、復刻されたもので日本で初披露とおっしゃってました。



かのウィリアムモリスにも影響を与えたというトワルドジュイ。
こういった柄をみて納得。





そして、今日イメージされている単色プリントの
人物柄や天使柄などの柄はほんの2割程。

1770年、銅板プリントを取り入れたことにより
繊細な表現が可能になりましたが
木版に比べて固いので掘るのに時間がかかる!
(木版の10倍の時間)
なので、単色刷りで効率アップ。
デザイナー、ユエの美しいデザインと
オーベルカンフの経営センスにより
黄金時代を迎えます。

c0157866_03063587.jpg

『工場の仕事』



c0157866_03064168.jpg
『田園の楽しみ』



c0157866_03064350.jpg

『四季の喜び』


浮雲スタイルといってリピートが分かりにくいスタイル。

その後、流行に合わせて1785年に左右対称アラベスク様式、
1812年には新古典様式へと変わっていきます。


また、最初はベッド装飾や壁布などタペストリーのように
インテリア装飾といて使われていましたが、
ドレスにも使われるようになっていきました。



誕生から200年以上たっている今日でも
フランスの伝統生地として
また、柄・配色・素材など進化した魅力で
世界中で愛されています。





さて、そんなトワルドジュイ
意外と何とでも合わせやすく楽しめちゃうんです♪



c0157866_02012448.jpg
出典:Pinterest
王道の
トワルドジュイ×トワルドジュイ



c0157866_02113117.jpg

出典:Pinterest

ストライプやチェック×トワルドジュイも定番





c0157866_02161922.jpg
ウィリアムモリス×トワルドジュイ



c0157866_01385365.jpg
ベルベット×トワルドジュイ
コットンベルベットならナチュラルに
光沢のある生地とならモダンにもいけると思います♪
密かにオススメ



永島先生のトワルドジュイコレクションの一部。

c0157866_01390667.jpg

左側の生地


c0157866_01390939.jpg


永島先生、この生地で作られた
とっても素敵なワンピース着てらっしゃいました。


ちなみに、永島先生のセミナーとほぼ同じ内容の記事を見つけましたので
もっと詳しく知りたい方は↓へ。




インテリアからファッションまで幅広く楽しめるトワルドジュイ。
ぜひ生活に取り入れてみませんか?

インテリアのご相談はBrightまでお気軽にどうぞ♪


bright ブライト「interior styling of bright」のホームページは、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。


by bright-style | 2019-06-06 19:27 | brightコーディネーター日記

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright