2019年 06月 14日 ( 1 )

トミタ クリエーションメタフォール新作プレゼンテーション ウィリアムモリス正規販売店のブライト


エルメスグループの
クリエーションメタフォール社。
http://www.creations-metaphores.com/fr/
3つのテキスタイルブランドを扱うフランスの会社です。

c0157866_02051489.jpg
パリにショールームを構え
個人邸からエルメスのブティック、レストラン、ホテルなど
他にはないアイデアや色使い、
万人受けではないけれど、他とは違うものを探している人たちへ
向けたハイエンドなブランドたち。


●METAPHORES(メタフォール)
コンテンポラリー、シック

●VEREL DE BELVAL(ヴェレル ドゥ ベルヴァル)
クラシック 18世紀のアーカイブコレクション

●LE CRIN(ルクラン)
馬の尻尾の毛を使った生地



最先端のものを取り入れ
かつ伝統も大切に守りながらも
「良いと思うものがなくても諦めず問い合わせてくれれば対応します!」
っていう何が何でも顧客を満足させるぞっていう
プライドと心意気が伝わってくる会社でした。


今回はこの3つのブランドと
過去のコレクションも織り交ぜながらのプレゼンテーションでした。
c0157866_02055665.jpg
シンプルなものだからこそテクスチャーを大切に。
ぜひ触れて気持ち良さを体感してください!
ってことで全ての生地を出席者にまわしてくれました。



上の画像の見本帳も廻していただきましたよ。
c0157866_02061746.jpg
ルクラン
http://www.creations-metaphores.com/fr/collection-le-crin

c0157866_02103918.jpg
何やら畳の縁ぽくも見えますが
横糸にモンゴルの馬の尻尾の毛を使われた生地。
通常70センチ巾ですが、
織り機で繋いで幅広にもできるんだそうです。
なんとレース生地もあります。
c0157866_17141967.jpg
トミタのショールームではガラスに挟んで
間仕切りに使われてました。


c0157866_02055940.jpg
今年はバウハウス設立100周年。
てことでバウハウスのバルコニーからインスピレーションを得た生地。
『MOUVEMENT』
c0157866_02060790.jpg
この生地をバッグにして使ってますの図。

c0157866_02061097.jpg


アップ
全部で15色展開しています。




c0157866_02062232.jpg
赤系の生地たち。


c0157866_02062520.jpg
こちらもバウハウスからインスピレーションを得たデザイン。
その名も『BAUHAUS』
トップの画像の真ん中の椅子と色違いなんですが
ちょっと離れると見え方の変わる不思議な生地です。
こちらは全8色展開。



c0157866_02103122.jpg
青系の生地たち
ここから先は全てヴェレル ドゥ ベルヴァル
http://www.creations-metaphores.com/fr/collection-verel-de-belval



c0157866_02063772.jpg
『MON TRUC EN PLUMES』
直訳すると「私の羽」
カーテンはもちろん、タペストリーや飾り椅子などにも。
シルクをメインにコットン、ポリアミド、ビスコースと
色々な素材からなる生地は羽の部分が絹の布の上に刺繍されたように見えます。

高いノウハウを持っていることで実現された魅惑的な一品。
着物の帯のようにも見えますね。


c0157866_02064107.jpg
『PERSPECTIVES』
バウハウスのコンクリートやガラスからのインスピレーション。
ポリエステルとビスコースを組み合わせた3D効果のある生地。
全20展開です。

c0157866_02063395.jpg

『IMPERIAL』

大きなダマスク模様のベルベット。
19世紀の終わりに流行したモチーフ。
ナポレオン3世が皇后ウジェニーのためにビアリッツ(フランス南西部)に建てた
宮殿のサロンで見つけられたアーカイブを現代の技術を取り入れ蘇らせた生地です。
マーチンデール(耐摩耗度)も50,000と丈夫。

ちなみに独自に調べたところ(ググッただけですが)
宮殿は現在「ホテル・デュ・パレ」という格式高いホテルとなってるようですよ。



c0157866_02064835.jpg
『LUTETIA』
「ルテティア」
意味を調べると興味深いです。

こちらはアーカイブではなくオリジナル作品。
印象的なアラベスクを用いたデザインで
こちらもバウハウスからのインスピレーション。
大きなアールデコ調のモチーフの中に、小さな花が咲いています。
綿と絹で心地良い肌触りの生地。
全7色展開。



毎度のことながら気になった生地だけピックアップしての
ご紹介でしたが、
プレゼンテーションを通して何度も使われてた言葉が
「イノベーション」。

それは糸だったり織り方だったり生地の組成だったり
何かしらの最先端のものを生み出して
作られてるってことです。

生み出すためには膨大な時間と膨大な費用がかかることでしょう。
ハイエンドなのも頷けます。


そう言いながら価格を確認するのを
すっかり忘れて帰ってきたコーディネーターです。。




思ったよりリーズナブルね♪なんてこともあるかも?!
気になる方はbrightまでお気軽にお問合せください♪



bright ブライト 布を楽しむ暮らし「interior styling of bright」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。



by bright-style | 2019-06-14 18:30 | brightコーディネーター日記

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright