カテゴリ:brightコーディネーター日記( 111 )

サンゲツ2019トレンドセミナー&AC新作発表会 ウィリアムモリス正規販売店のブライト



サンゲツのトレンドセミナーと
ACカーテン新作発表会へ行ってきました。

トレンドセミナーは
パリで毎年1月と9月に開催されているメゾン・エ・オブジェ
1月のメゾン・エ・オブジェと同時期に開催されるパリデコオフ
4月に開催されているミラノサローネ。
これらをインテリアデザイナーの今泉佐和子さんが
トレンドの傾向を解説してくださいました。

●パターン
*アフリカン 民族調のモチーフをモダンにデザイン
*トロピカル 彩度を抑えてシックに
*パノラマ パネル柄、繋げると更に大柄なもの
*ジオメトリック 面構成のものが多い

●カラー
全体的にグリーン、ブルーが多い。その他の傾向として
*イエロー アクセント使いに多い
*グレイッシュ 淡いトーンをシックに表現
*ミックスカラー カラフルなストライプ柄、アウトドア用に
*テラコッタ 焼いた土の色、シックなオレンジ色

●マテリアル
*ミックスツイード 
ミックスカラーのツイード

*エンブロイダリー(刺繍)
一見プリントに見えるようなもの。
ハンドメイド風、手の込んだものなど。
*イン ビットウィーン(中間) ドレープとレースの中間の厚み、透け感。

全体的には今までのトレンドがちょこっとずつ変化している印象。
テラコッタは今年出てきた感。

またミラノサローネからは
アウトドアリビングなど、アウトドアシリーズに力を入れてる
とか
丸みのあるもの、角が取れたデザインが多いなど。
フロスからはカーブのダクトレールが出たそうです。
ありそうでなかったヤツ!!

また、バーガンディーも注目色と仰ってました。




ACの新作発表会
コンセプトは『my favorite』
大好きなもの。小さな憧れを大切に集めて
それぞれのスタイルをACカーテンと。

イメージ動画がありましたので全体的なのはこちらでどうぞ。

発表会ではコーディネートレシピとして

壁紙とも合わせた様々なコーディネートを紹介していただきました。



c0157866_21553514.jpg


フェミニンなシャビーシックのコーディネート。

淡いグレーとホワイトのグラデーションが
美しい。
実際、特に20代30代前半の女性にグレー系を
ご希望される方が増えてるなと感じます。



c0157866_21552999.jpg

色味を抑えたトロピカル柄
トレンドセミナーのキーワードであったシックなトロピカル。
落ち着いた色合いは寝室にも取り入れやすいですね。
ホテルライクなインテリアにもおすすめです。



c0157866_21553372.jpg

京都のオリジナルテキスタイルブランド

『SOUSOU』とのコラボ商品。

元マリメッコの日本人デザイナーの方がデザインされてるそう。

そんな雰囲気ありますね。

『SOUSOU』は数年前にパナソニックともコラボした商品を出しています。

照明とカーテンを合わせるとより統一感が出ますので

お好きな方はいかがでしょうか。
brightからお求めいただけますよ♪

https://www.sousou.co.jp/ichigoichie/item_48014.html





c0157866_21553974.jpg

とってもオススメな水だけで汚れを落とせるアクアクリーン。
お色は厳選されてますが、サンゲツオリジナル柄も出されています。
アクアクリーンについてはこちらをどうぞ↓





サンゲツ品川ショールーム。
c0157866_21554408.jpg
とにかく広い!!
壁紙、カーテンはもちろん
床材(ビニルタイル、クッションフロア、カーペット)
椅子張り生地、ガラスフィルムからモールディングまで
多くの内装材を見ることが出来ちゃいます。



c0157866_21554213.jpg
コーディネートブースも多くあるので
おうち造りのヒントになるのではないでしょうか。





c0157866_00422118.jpg
こちらのレースカーテンは
カーテンコーナーではカフェカーテンに↓
c0157866_00414757.jpg
トルコ製の刺繍レース。
面白い生地の切り取り方だなぁ。
カーテンと同じ色の縁取りで
よりオリジナル感や統一感を高まってますね。


ACではデザインレースもたくさんでています。
c0157866_00415152.jpg
モロッカンタイル柄のレース。
こちらもトルコ製。
ドレープとクッションは遮光生地です。



c0157866_00415520.jpg

c0157866_00415728.jpg
ミックスカラーのコーディネート。
子供っぽくなく可愛い。
タッセルが凝ってます。



c0157866_21555179.jpg
クッションのデザインが色々で参考になります♪



インテリアのトレンド、それは緩やかに
知らず知らずに私たちの生活の中に取り込まれていたりします。
フローリングは徐々に太くなり今では15センチ前後が主流で
もっと太いものも出ています。
壁紙は小花柄はほぼ見かけなくなりました。
トイレなど狭い空間でも大柄を取り入れるようになったり。
カーテンは昔はオフィスでしか見かけなかった
縦型ブラインドが随分取り入れられるようになってます。
その中で普遍的なデザインのものもあったりします。

インテリアは一度買うと10年くらいは
一緒に過ごすものがほとんどです。
うまく取り入れて長く付き合えたらいいですよね。

あなたはどんなお部屋で過ごしたいですか?
そこで何をして過ごしますか?
どんなふうに暮らしたいですか?


カーテンはもちろんbrightではリフォームも承っております。
おうちを大好きな場所にするお手伝いができたら嬉しいです♪
ご相談はお気軽にどうぞ。





bright ブライト「interior styling of bright」のホームページは、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。




by bright-style | 2019-06-17 11:26 | brightコーディネーター日記

トミタ クリエーションメタフォール新作プレゼンテーション ウィリアムモリス正規販売店のブライト


エルメスグループの
クリエーションメタフォール社。
http://www.creations-metaphores.com/fr/
3つのテキスタイルブランドを扱うフランスの会社です。

c0157866_02051489.jpg
パリにショールームを構え
個人邸からエルメスのブティック、レストラン、ホテルなど
他にはないアイデアや色使い、
万人受けではないけれど、他とは違うものを探している人たちへ
向けたハイエンドなブランドたち。


●METAPHORES(メタフォール)
コンテンポラリー、シック

●VEREL DE BELVAL(ヴェレル ドゥ ベルヴァル)
クラシック 18世紀のアーカイブコレクション

●LE CRIN(ルクラン)
馬の尻尾の毛を使った生地



最先端のものを取り入れ
かつ伝統も大切に守りながらも
「良いと思うものがなくても諦めず問い合わせてくれれば対応します!」
っていう何が何でも顧客を満足させるぞっていう
プライドと心意気が伝わってくる会社でした。


今回はこの3つのブランドと
過去のコレクションも織り交ぜながらのプレゼンテーションでした。
c0157866_02055665.jpg
シンプルなものだからこそテクスチャーを大切に。
ぜひ触れて気持ち良さを体感してください!
ってことで全ての生地を出席者にまわしてくれました。



上の画像の見本帳も廻していただきましたよ。
c0157866_02061746.jpg
ルクラン
http://www.creations-metaphores.com/fr/collection-le-crin

c0157866_02103918.jpg
何やら畳の縁ぽくも見えますが
横糸にモンゴルの馬の尻尾の毛を使われた生地。
通常70センチ巾ですが、
織り機で繋いで幅広にもできるんだそうです。
なんとレース生地もあります。
c0157866_17141967.jpg
トミタのショールームではガラスに挟んで
間仕切りに使われてました。


c0157866_02055940.jpg
今年はバウハウス設立100周年。
てことでバウハウスのバルコニーからインスピレーションを得た生地。
『MOUVEMENT』
c0157866_02060790.jpg
この生地をバッグにして使ってますの図。

c0157866_02061097.jpg


アップ
全部で15色展開しています。




c0157866_02062232.jpg
赤系の生地たち。


c0157866_02062520.jpg
こちらもバウハウスからインスピレーションを得たデザイン。
その名も『BAUHAUS』
トップの画像の真ん中の椅子と色違いなんですが
ちょっと離れると見え方の変わる不思議な生地です。
こちらは全8色展開。



c0157866_02103122.jpg
青系の生地たち
ここから先は全てヴェレル ドゥ ベルヴァル
http://www.creations-metaphores.com/fr/collection-verel-de-belval



c0157866_02063772.jpg
『MON TRUC EN PLUMES』
直訳すると「私の羽」
カーテンはもちろん、タペストリーや飾り椅子などにも。
シルクをメインにコットン、ポリアミド、ビスコースと
色々な素材からなる生地は羽の部分が絹の布の上に刺繍されたように見えます。

高いノウハウを持っていることで実現された魅惑的な一品。
着物の帯のようにも見えますね。


c0157866_02064107.jpg
『PERSPECTIVES』
バウハウスのコンクリートやガラスからのインスピレーション。
ポリエステルとビスコースを組み合わせた3D効果のある生地。
全20展開です。

c0157866_02063395.jpg

『IMPERIAL』

大きなダマスク模様のベルベット。
19世紀の終わりに流行したモチーフ。
ナポレオン3世が皇后ウジェニーのためにビアリッツ(フランス南西部)に建てた
宮殿のサロンで見つけられたアーカイブを現代の技術を取り入れ蘇らせた生地です。
マーチンデール(耐摩耗度)も50,000と丈夫。

ちなみに独自に調べたところ(ググッただけですが)
宮殿は現在「ホテル・デュ・パレ」という格式高いホテルとなってるようですよ。



c0157866_02064835.jpg
『LUTETIA』
「ルテティア」
意味を調べると興味深いです。

こちらはアーカイブではなくオリジナル作品。
印象的なアラベスクを用いたデザインで
こちらもバウハウスからのインスピレーション。
大きなアールデコ調のモチーフの中に、小さな花が咲いています。
綿と絹で心地良い肌触りの生地。
全7色展開。



毎度のことながら気になった生地だけピックアップしての
ご紹介でしたが、
プレゼンテーションを通して何度も使われてた言葉が
「イノベーション」。

それは糸だったり織り方だったり生地の組成だったり
何かしらの最先端のものを生み出して
作られてるってことです。

生み出すためには膨大な時間と膨大な費用がかかることでしょう。
ハイエンドなのも頷けます。


そう言いながら価格を確認するのを
すっかり忘れて帰ってきたコーディネーターです。。




思ったよりリーズナブルね♪なんてこともあるかも?!
気になる方はbrightまでお気軽にお問合せください♪



bright ブライト 布を楽しむ暮らし「interior styling of bright」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。



by bright-style | 2019-06-14 18:30 | brightコーディネーター日記

川島織物セルコン スミコホンダ新作発表会 ウィリアムモリス正規販売店のブライト


2019 Sumiko Honda発表会
コレクションタイトル
「日ざし あふれて」
In bliliant sunshine
c0157866_21291240.jpg
社内デザイナーである本田純子さんのコレクションです。

織物メーカーの技術を駆使し、素材にもこだわり
企画、デザインから織物設計にまで一人のデザイナーが
携わる類まれなブランド。




今年のコレクションの顔になっているのは
「エリカチェア(Ericacea)」
日本語にするとツツジ。
イタリア語でエリカチェアになるとイメージ変わるから不思議。
小さな白い花はヤマボウシです。
c0157866_21293168.jpg
ツツジは力強く。
ヤマボウシはしとやかに。
織り方を変え、異なる2つの花を対比させ表現。

右側にあるのは「フォルゴランテ」
日本語で魅力的なという意味で石目調のデザインです。

c0157866_21300586.jpg


吊るとこんな感じ。
柄がストライプ状になっているので
開いた時も美しい113.png
フォルゴランテは椅子張りに。




c0157866_21294034.jpg


説明会でものすごく心惹かれたカラースキーム。



その展示。
光の色が変わると表情も変わる。
照明って大事。

c0157866_21294909.jpg


生地はとっても丈夫で軽いので
カーテンだけでなく
バッグや小物、椅子張りにもオススメですよって展示。
c0157866_21300036.jpg


c0157866_21301212.jpg
これらの商品は直営のネットショップで購入可能。
brightでお好きなデザインに作製することもできますよ。



c0157866_21295788.jpg
椅子はカリモク



c0157866_21300908.jpg


ちょっとわかりにくいんですが
吊サンプルの上の幕の部分に
これまでのSHコレクションのタイトルが載せられてます。
「水面ゆれる」「春おどる」「花を奏でる」
抽象的ながらとても情緒ある美しい言葉のセンス。
すご過ぎます。

毎年発表される彼女のコレクションで一貫しているのは
「日本の四季を愛でること」
日本人が本来もっている美意識や感覚を呼び覚まし
心が豊かになることを目指している
とても情熱を感じるブランドです。


インテリアのご相談はbrightまでお気軽にどうぞ♪



bright ブライト「interior styling of bright」のホームページは、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。


by bright-style | 2019-06-11 14:09 | brightコーディネーター日記

トワルドジュイに魅せられて ウィリアムモリス正規販売店のブライト

フランス伝統の生地、トワルドジュイ。

イメージするのは牧歌的な農民たちの生活や
田園風景の中で寛いだり遊んだりしてる貴族が
描かれた一色でプリントされた生地。
c0157866_01391363.jpg
トワルドジュイがお好きな方にはご存じ
テヴノン社『Ludivine』
日本では『ブランコに乗った少女』で親しまれてるみたいですね。


とか、こんなの↓
c0157866_01392790.jpg

一度は目にしたり耳にしたことがあるのではないでしょうか。


そんなトワルドジュイのセミナーがありましたので行ってきました。

c0157866_01385015.jpg
セミナーは、え無料でいいんですか?
ってくらい充実した内容でした。
何より講師の永島先生の豊富な知識と
本当にトワルドジュイが大好きなんだなぁっていうのが伝わってきて、惹きこまれるあっという間の2時間。


あまりに濃ゆい内容でしたので
ここではインテリアコーディネーターとして
押さえておきたいなと思うところを
書いておこうと思います。


トワル・ド・ジュイとは
La Toile de Jouy
=ジュイの布、ジュイで作られた布
という意味。
ベルサイユの南東にある小さな村
ジュイという土地にあった工場で作られた
コットンプリント生地がトワルドジュイです。

ジュイに工場を構えたのは、ドイツ人のオーベルカンフ。

ジュイ工場で作られたのは1760-1843年の83年間のみ。
つまり本物のトワルドジュイはアンティークで
残っているものしか存在せず
まず私たちの手には入らないってことです。

今日のトワルドジュイは「ジュイの布」という意味ではなく
他の工場や他業者が当時の版木や銅版、
銅版ローラー、デザイン帳を引き継ぎ作った復刻版。
また、同時代のプリント生地。
そして、それらのスタイルをアレンジして作られたプリント生地。
全てを指す一つのジャンルの名称なのです。


元はインド更紗への憧れから始まったトワルドジュイ。
c0157866_01110627.png
インド更紗ってこんな感じ。
インド更紗で検索してスクショしてみました。



ジュイ工場では3万点程のデザインが生み出されましたが、
8割はカラフルな木版プリントによる植物柄なんだそう。
c0157866_01390433.jpg

『花と鳥』

画像はジュイ工場デザインの復刻版。
今年、復刻されたもので日本で初披露とおっしゃってました。



かのウィリアムモリスにも影響を与えたというトワルドジュイ。
こういった柄をみて納得。





そして、今日イメージされている単色プリントの
人物柄や天使柄などの柄はほんの2割程。

1770年、銅板プリントを取り入れたことにより
繊細な表現が可能になりましたが
木版に比べて固いので掘るのに時間がかかる!
(木版の10倍の時間)
なので、単色刷りで効率アップ。
デザイナー、ユエの美しいデザインと
オーベルカンフの経営センスにより
黄金時代を迎えます。

c0157866_03063587.jpg

『工場の仕事』



c0157866_03064168.jpg
『田園の楽しみ』



c0157866_03064350.jpg

『四季の喜び』


浮雲スタイルといってリピートが分かりにくいスタイル。

その後、流行に合わせて1785年に左右対称アラベスク様式、
1812年には新古典様式へと変わっていきます。


また、最初はベッド装飾や壁布などタペストリーのように
インテリア装飾といて使われていましたが、
ドレスにも使われるようになっていきました。



誕生から200年以上たっている今日でも
フランスの伝統生地として
また、柄・配色・素材など進化した魅力で
世界中で愛されています。





さて、そんなトワルドジュイ
意外と何とでも合わせやすく楽しめちゃうんです♪



c0157866_02012448.jpg
出典:Pinterest
王道の
トワルドジュイ×トワルドジュイ



c0157866_02113117.jpg

出典:Pinterest

ストライプやチェック×トワルドジュイも定番





c0157866_02161922.jpg
ウィリアムモリス×トワルドジュイ



c0157866_01385365.jpg
ベルベット×トワルドジュイ
コットンベルベットならナチュラルに
光沢のある生地とならモダンにもいけると思います♪
密かにオススメ



永島先生のトワルドジュイコレクションの一部。

c0157866_01390667.jpg

左側の生地


c0157866_01390939.jpg


永島先生、この生地で作られた
とっても素敵なワンピース着てらっしゃいました。


ちなみに、永島先生のセミナーとほぼ同じ内容の記事を見つけましたので
もっと詳しく知りたい方は↓へ。




インテリアからファッションまで幅広く楽しめるトワルドジュイ。
ぜひ生活に取り入れてみませんか?

インテリアのご相談はBrightまでお気軽にどうぞ♪


bright ブライト「interior styling of bright」のホームページは、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。


by bright-style | 2019-06-06 19:27 | brightコーディネーター日記

ダイコー電機新製品発表会 ウィリアムモリス正規販売店のブライト

DAIKO ADVANCE STAGE2019

大光電機の新製品発表会へ行ってきました。
いただいた案内状には

「光でコミュニケーションをデザインする
『場』をつくる光
あかりとコミュニティは密接に関係している。
”場所をつくる人”に役立つ様々な光の『場』を提供します。」

とありました。


会場に入ると色が変化する照明で
施工された施設などのパネル展示。
幻想的で素敵~♡
c0157866_21215801.jpg


c0157866_21220074.jpg

色が変わるとイメージも変わりますね。








c0157866_21220629.jpg

昨年発売された照明がデザイン賞を受賞されたそうです。
金属なのに繊細なレース柄。
なんとなく和っぽいイメージをしてたのですが
モダンな中にキラリと光らせても素敵。






こちらは今年の新製品がずらずら~っと展示されてまして
一つ一つ説明してくださいました。
c0157866_21221466.jpg
エジソンランプみたいなLED電球の照明だしましたよ~とか
スピーカー付きの持ち運びできる充電式の照明だったり
シャンデリアはこうなってるんですよとか。
c0157866_21222562.jpg
c0157866_21221848.jpg



c0157866_21221040.jpg

高彩度のスポットライトも出ました。
左上のカメラレンズみたいな照明は
好きな部分だけ光を当てることができるそうで
実際、美術館で絵画だけに照明をあてて
より際立たせる演出をされたりしたんだそうですが、
住宅にも使用可能な製品です。










c0157866_21220269.jpg

マツコならぬ「トクコの知らない世界」
トクコさんに間接照明の世界を紹介する設定で
実際の社員の自宅を再現した舞台でわかりやすく
紹介してくれました。

c0157866_21220489.jpg

撮影してる風のストーリー展開。

間接照明だけでも年配の人でも問題なく暮らしてますとか
エアコンに光が当たらないようにしましたとか。
ここはこうしてもよかったかな?!
なんてお話もされてたのが印象的でした。






c0157866_21223411.jpg
ダウンライト。
高さ4センチの超浅型ダウン。
高気密型なので断熱材のある場所でも設置可能です。

半径5センチの小型ダウンライトは接続部品が更に小型化。
以前、この接続部品が入らなくてご提案を諦めたことが
あるので、これは嬉しいです♪
その他にも色々出てました。



c0157866_21223615.jpg
こちらは間接照明の一部。
間接照明といったらダイコーさん。
とても力を入れてらっしゃって
建築化照明(建物の躯体に仕込む照明)から
後付けできる商品など多彩なラインナップ。
どの商品が向いてるか等も気軽に相談できる頼もしいメーカーさんなのです。





日頃、住宅部門でお世話になってるのですが、
たくさんの商業施設も手掛けられてて
今回はホテルをピックアップして紹介されてました。
c0157866_21222854.jpg

オリジナルのスイッチ。

c0157866_21223100.jpg
輸入照明も取り扱っててこちらはFLOSのテーブルランプ。
基本、国内在庫されているので
コーディネーターとしては納期の心配が少ない
っていう裏事情。


他にもオフィス仕様のブースなど
盛りだくさんで楽しい展示会でした。



brightでは、リフォームの配線計画なども承れます。
ご相談はお気軽にどうぞ♪

#ダイコー電気

by bright-style | 2019-05-27 19:16 | brightコーディネーター日記

タチカワブラインド新製品発表会 ウィリアムモリス正規販売店のブライト

タチカワブラインドの新製品発表会に行ってきました。
コンセプトは
「プラスワンで快適な暮らしを」


新製品でメインに紹介されていたのが調光ロールスクリーンでした。
c0157866_21180499.jpg

特にいいなと思ったのが、同じ生地で調光ロールスクリーン、
ロールスクリーン、縦型ブラインドを
そろえられるところです。
展示があるとよりわかりやすいですね。





c0157866_21180616.jpg

調光ロールスクリーンの新柄。
表情のある生地で
和やモダン、ナチュラルなお部屋に合いそうです。
https://www.news.blind.co.jp/news/index.php?itemid=523








c0157866_21180918.jpg

こちらは子供部屋をイメージした展示。
操作するチェーンがリニューアルされるとのこと。
セーフティー機能で負荷がかかると
チェーンの繋ぎ目が外れて輪っかが切れるようになっています。
営業さんのお話では9キロの負荷がかかると切れるそうです。
外れたチェーンはお客様自身で簡単にくっつけて元に戻せるとのことなので、
標準装備になったのは助かりますね。
https://www.news.blind.co.jp/news/index.php?itemid=528


スラット(羽)に穴のないブラインドは2年前から発売されてるのですが、
穴のないことによって遮蔽性が高まったことだけでなく、
横から簡単にスラットを抜き取ることが可能になったため、
スラットが1枚だけ割れてしまった!なんて時に
簡単に入れ替えられるというメリットもあるんですよ。








c0157866_21181309.jpg

新商品の装飾レールとタッセル。
装飾レールにすんごい既視感。。
営業さんも苦笑い。

最近タチカワのタッセルをご提案したのでそんなお話をしたら
「どういう時にタッセルって提案するんですか?
だって共布タッセル付いてるでしょう?」って聞かれました。
深く考えたこともなく、
単純にこのカーテンにこのタッセル合わせたら素敵♪
お客様にも気に入っていただけるんじゃないかなって
思ってご提案してる私。
振り返れば「どういう時」ではなく
リビングなんかは必ずご提案しています。

で、これを書きながら
「何故」
提案してるのかなって考えてみたんですが、
単純に「お客様にお家を大好きな場所にしてほしい」
これに尽きると思うのです。
何もカーテンを新調しなくても
今あるカーテンのタッセルを変えるだけで、
よりおうちに愛着が湧きませんか?

なくても困らないけれど、
大好きな場所にするためのツールの一つなのだと思います。

話が脱線しましたが、新商品をみると
流行りは「シンプル」「ナチュラル」「モダン」で
まだしばらく続くのかなぁという感じ。








c0157866_21181702.jpg

機能性レール「ファンティア」もリニューアル。
カーテンのフックを引掛けるランナーの走行性が向上して
より軽い力で開け閉めできるようになるのと、
その開け閉めの時の音も静かになるそうです。
音って10㏈下がるだけで人間の耳には半減して聞こえるんですって。







c0157866_21182276.jpg

プリーツスクリーンは生地がリニューアル。
こちらは前後2枚仕立ての「ゼファー」
コードやコード穴が見えないのでスッキリ美しいのと
2枚だと断熱性も高まります。
https://www.blind.co.jp/products/2018new/01/










c0157866_21182550.jpg
間仕切り商品もたくさん展示されていました。
リフォームにも良さそう。
https://www.blind.co.jp/products/2018new/04/









c0157866_21182934.jpg
電動商品にするとリモコン操作で開閉が出来ると共に
IoTにも接続可能ですよっていう展示。
スマート家電リモコンてのが別途必要だそうです。
個人的には赤外線受信部が白くて目立たないデザインに感激。




どんな商品が合うのかわからない、
こんな風にするにはどんな商品がいいのかしら?
というご相談はぜひbrightへ♪





bright ブライト「interior styling of bright」のホームページは、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。







by bright-style | 2019-05-22 19:45 | brightコーディネーター日記

ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 ウィリアムモリス正規販売店のブライト

弊社Brightでもおなじみのウィリアム・モリス。

横浜のそごう美術館で開催中の
「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」
ー美しい生活をもとめてー
c0157866_18062934.jpg

これは見ておかないと!ということで行ってきました


c0157866_02560138.jpg
ロココ調で写実的な壁紙を好まなかった
モリスが壁紙をデザインし、
それがどのように作られていたのか、
そしてどのように受け継がれていったのかが
美しい壁紙の展示と映像で
わかりやすく見応えたっぷりの内容でした。

c0157866_03164506.jpg
入ると目の前にはどーん!と一面の壁紙。



c0157866_18063442.jpg

今回のポスターやチラシにも使われている
「ピンパーネル(るりはこべ)」
モリスの中でも人気の高いデザインです。
ちなみにピンパーネルは小さいお花のほう。

大きいメインのは何のお花なんでしょうか。。。

c0157866_18063655.jpg
展示の横っちょに書いてあったモリスのお言葉。

「部屋に何を置くにしても、まず壁をどうするか考えよ。
壁こそが家を本当の住まいにするからだ。
何を犠牲にしても壁を優先させなければ、
いかに高価で見栄えのする家具を置いても、
その部屋は間に合わせの下宿屋のようになってしまう。」

今の白い壁紙がメインの日本の住宅を見たら
モリスは何を思うのでしょうか。。

c0157866_18063930.jpg
柄×柄×柄
モリスは壁紙とカーテンの柄をお揃いにするのは
良しとしなかったそうです。



c0157866_18064260.jpg
こちらはモリス没後120周年の時に記念して発表された
「ピュアモリス」
現代のインテリアに合わせたモノトーンのシリーズの展示。
c0157866_18064436.jpg
こちらの横っちょには
「役に立つかわからないもの、あるいは美しいと思えないものを、
家の中においてはならない。
さまざまな形で夢を具体的なものにするのが、
私の仕事だ。」


と、ありました。
耳が痛い。。
と共に身が引き締まる思いです。




そもそもモリスって何者?って
存じ上げない方、
もう少しモリスを詳しく知りたい方に
おすすめしたいのがこちらの本。
c0157866_03595884.jpg
美しい壁紙やテキスタイルから挿絵が満載。
そしてモリスの家族や周りにいた人たちについてが
コラム形式でわかりやすく紹介されています。
ミュージアムショップでも販売されてましたよ♪



おまけ

c0157866_02561006.jpg
先日行った「鈴木敏夫とジブリ展」
入った瞬間、ウィリアム・モリスの壁紙がお出迎え。
c0157866_02561364.jpg
撮影禁止エリアでしたのでサイトから。

c0157866_04234137.jpg
「ブラックソーン(りんぼく)」

和にも合う!ということだけでなく
この壁紙にしたことによって
書にしたためられている言葉の重みを感じつつ
親しみやすさも醸し出されていて絶妙なチョイスだなぁと思いました。


意外と身近なところで使われているウィリアム・モリス。
お店やカフェだけでなく歯医者さんで見かけたことも!


インテリアに取り入れる際はぜひbrightにご相談を♪



bright ブライト 布を楽しむ暮らし「interior styling of bright」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。


by bright-style | 2019-05-09 17:12 | brightコーディネーター日記

ニチベイ ネオフェスタ2019 ウィリアムモリス正規販売店のブライト




ブラインドなどいわゆるメカものを
取り扱っているニチベイ

商品発表会へ行ってきました。
営業さんが一つ一つ説明してくださいましたよ。

c0157866_18430519.jpg



c0157866_23111120.gif




まず最初は「もなみ」
プリーツスクリーンです。
「スマートコード式」タイプが昨年新発売されたとのこと。

今まではコード式やチェーン式など操作する部分が
ループ(輪っか)になっていたので
そのままだと
小さなお子さんが
首に引っかけるんじゃないかとか
操作部分を引っ張って遊ばれて壊れるんじゃないかって
心配があったりしたんですが、
こちらはループレス、かつ高い位置で操作するので安心です。

c0157866_21000159.jpg
画像お借りました

キッズデザイン賞も受賞。
和室に使うイメージの強いプリーツスクリーンですが、
お色もたくさんあるので子供部屋にもおすすめ。


カーテンでいうところのレースとドレープが上下で一体型になっているので
デザインもスッキリです。
c0157866_18430727.jpg
全部をレースにしたところ。
下にドレープ生地が折りたたまれて溜まってますが
厚さもそんなに気にならない感じでした。

c0157866_22572637.jpg
電動式もありますよ。
リモコンの赤外線受口部の黒いのが気になったので
どうにかならないのか伺ったところ
無線式などもありますが、
家庭にもIoTが進んでいるのでむしろ付いてるのが
主流になっていくのではないかとのことでした。。
あれですよ、オッケーグーグルとかアレクサに
カーテン開けて!って頼むやつ。

えー、美しくない~って思うのは私だけでしょうか。。


c0157866_18431024.jpg
「レフィーナ」シリーズ
断熱性に優れてるハニカムスクリーンです。
こちらもプリーツスクリーン同様レース生地とのツインスタイルが可能。
スマートコード式も選べますが画像は「コードレス式」
生地の切り替え部分のバーを直接動かして昇降させるタイプです。
c0157866_21000476.jpg


画像お借りました


より断熱性を高めたサーモブロックタイプも。

c0157866_18431243.jpg


こういうメカものって枠内に納めると
どうしてもサイドに隙間ができてしまうんですが
サイドにフレームを咬ませることによって
熱をシャットアウト。
上下も外側の空気が入り込まないようになってます。


寝室のベッドヘッドの上に窓があるおうちなんかに
良いんではないでしょうか。



c0157866_18432243.jpg


ブラインド「クレール」
ブラウンのは6月発売予定。
お部屋を真っ暗にしたい方には朗報です。
スラット(板)をL型にすることでピタッと隙間なく閉じるので
遮蔽性がすごく高いタイプです。

ブルーのはスラット(板)にコードを通す穴がないタイプ
こちらも通常のタイプより遮蔽性が高いですね。


c0157866_18432437.jpg


木製よりリーズナブルなバンブー素材のブラインドも。



c0157866_18431905.jpg


ロールスクリーン「ポポラ2」
窓だけでなく間仕切りにもよく使われてますよね。
カラーを厳選して一新されました。
下のバーの部分もお色が選べたり
生地を巻いた共布タイプなんてのにもできるんですよ。
ちなみに指示がないと自動的にホワイトになります。


まだまだそれぞれ細かい仕様が選べたりするのですが
ご紹介はこのへんで。

他にもアルミブラインドや縦型のバーチカルブラインド
調光スクリーンなどたくさんの商品があるので
ぜひご自身の生活スタイルやお好みのものを
選んでみてくださいね。

何が自分に合うのかわからなーい!って方、
ご相談はbrightまでお気軽にどうぞ♪




bright ブライト 布を楽しむ暮らし「interior styling of bright」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。




by bright-style | 2019-05-06 15:44 | brightコーディネーター日記

フィスバ200周年プレゼンテーション ウィリアムモリス正規販売店のブライト

カーテン界の王様クリスチャン・フィッシュ・バッハ。
1819年の創業から今年200年を迎えました。
日本ではフィスバで親しまれてますね。

200周年を記念したコレクションの
プレゼンテーションが
東京では銀座にある観世能楽堂で
開催されるというので行ってきました!
c0157866_20593738.jpg
能楽堂なんて無縁の世界だったので、ここに入れただけで感動。

アートディレクターのカミラさんが舞台で
広げられたファブリックを紹介
してくれるのと共に
スクリーンの映像と音楽もかかって気合入ってました。
c0157866_20593114.jpg


コレクションは全体的に
渋い色合いのゴールドが多いなぁという印象。

マットともちょっと違う。
鈍色のゴールド版というイメージでしょうか。

発表されたのは「ジュビリーコレクション」
c0157866_20591493.jpg

全体的に大柄が多かったです。
ボタニカル柄は「インターフローラル」
¥31,800/m(¥22,714/㎡)
右上のはモアレで「インタラクション」
¥26,800/m(¥19,143/㎡)




c0157866_20591951.jpg

コレクション名にもなっている「ジュビリー」
一つ一つ手縫いでつけられているという
スパンコールは舞台でキラキラしてとっても綺麗でした。
¥22,800/m(¥17,538)




c0157866_20592195.jpg

ナイロンに麻と綿で組成された「シーズン」
¥16,800/m(¥12,000/㎡)




c0157866_20592347.jpg


「ガーデンパーティ」
こちらは綿100%とアウトドア用にアクリル100%
また、シリーズでこの柄から抜き出されたような
デザインのものもありました。
¥18,600/m(¥5,813/㎡)




c0157866_20592692.jpg

リネンのレースも大柄
「ロマンツォ」
¥24,800/m(¥8,702/㎡)




c0157866_20592891.jpg


ストライプも太い
「スペクトラムⅡ」
¥13,800/m(¥4,423/㎡)


とりあえず気になったものをピックアップしてみました。
インテリアのご相談はbrightまでお気軽にどうぞ♪




bright ブライト 布を楽しむ暮らし「interior styling of bright」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。





by bright-style | 2019-04-30 22:10 | brightコーディネーター日記

タイルのリビエラショールームへ ウィリアムモリス正規販売店のブライト

タイルを取り扱うメーカーさん
リビエラ
東京ショールームに行ってきました。

c0157866_19183739.jpg


『リゾートホテルのような、いつでも来たくなるタイルを探す旅の始まりの場所』
を空間コンセプトにされてるショールームは
確かに優雅な気分でゆったりと
タイルを探したり眺めたり出来る空間でした。



今まで床のタイルでしか
お世話になったことがなかったので

c0157866_18425539.jpg


こんな壁面タイルとか
(やぱり間接照明あると違うなぁ)

c0157866_18425300.jpg


装飾タイルとか
(キッチンにいかがでしょう?)

c0157866_18425831.jpg


モザイクタイルとか
(流しの四隅の貼り方まですごく手が込んでました)


カタログやサンプルだけでなく実際に見ることってやはり大切だなぁと
改めて実感。

リゾートホテルらしくシャンパン飲みながら見学もできますよ♪


brightではリフォームも承っております。
ご相談はお気軽にどうぞ。


bright ブライト 布を楽しむ暮らし「interior styling of bright」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし「ブライト オンラインストア」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし「Instagram」は、こちらからどうぞ。

bright ブライト 布を楽しむ暮らし 「twitter」は、こちらからどうぞ。



by bright-style | 2019-04-24 09:35 | brightコーディネーター日記

「Life with Fabrics 布を楽しむ暮らし」 インテリアファブリックスを通して、インテリアやファッションの楽しみ方をご提案いたします。


by interior styling of bright