カテゴリ:アートに関すること( 35 )

石本藤雄展


スパイラルガーデンで行われていた 「 石本藤雄展 布と陶  -冬ー 」。



ショップでも取り扱っているフィンランドの「マリメッコ」のテキスタイルデザイナーとして世界的に知られる


石本藤雄さんの展覧会に行ってきました。


タイトル通り「テキスタイル」と「陶器」の作品が広い空間にたくさん展示されていました。




c0157866_10184789.jpg




c0157866_10191053.jpg









自然を題材にしながら、色使いや技法などどこか日本的な感性を感じさせる作風。


本当に素敵な展覧会でした。



c0157866_10205880.jpg



c0157866_10211875.jpg



c0157866_10213414.jpg

by bright-style | 2013-01-15 11:03 | アートに関すること

スペイン大使館のインテリア


先日、展示会で訪れたスペイン大使館。 なかなか内部を拝見する機会のない場所ですよね。


c0157866_1650110.jpg





歴史的にも伝統のある国スペイン、通された展示会場は以外にもとてもモダンな空間でした。

廊下には色鮮やかなモダンアートが飾られ、白い空間をよりモダンに印象付けます。



c0157866_16564775.jpg







展示会場内も、オブジェが天井から吊るされアートのよう。



c0157866_1657385.jpg




c0157866_16575338.jpg







展示されたスペインから届いたインテリアファブリックもとても興味深いものでした。



c0157866_1701075.jpg

by bright-style | 2012-12-18 17:01 | アートに関すること

『Madness is part of Life(狂気は生の一部)』


現在開催中のアート展をご紹介します。


表参道のルイ・ヴィトンの7Fにギャラリーがあるのをご存知でしょうか。

エスパス ルイ・ヴィトン東京で開催中の展覧会は『Madness is part of Life(狂気は生の一部)』。

布などのソフトなマテリアルを素材としてインスタレーションなど大きな表現を特徴とする

ブラジル人アーティスト、エルネスト・ネト(Ernesto Neto)の作品です。

作品は天井から吊り下げられ、中に入る事が出来ます。 ボールの様なものがネットに

詰められているいるのですが、不思議と落ち着く空間です。


年明けまでの開催です。 体感するアート、ご興味のある方は是非!



c0157866_1721444.jpg




c0157866_1722892.jpg







c0157866_1724276.jpg

by bright-style | 2012-11-06 09:29 | アートに関すること

イタリア大使館別荘


日光中禅寺湖はかつて各国の大使館をはじめ多くの外国人別荘があり、軽井沢のような国際避暑地

だったそうです。 現在は、平成9年まで実際に歴代の大使が使用していたイタリア大使館の別荘

を忠実に再現した建物を中心に森の様な美しい公園に整備されています。


アメリカの建築家、アントニー・レーモンドの設計により、昭和3年に建築された本邸の

内、外装はスギの皮で装飾され、日本のスギと西洋建築が不思議に調和したデザインが

素晴らしい建物です。



こちらは大使書斎。

c0157866_1484250.jpg



編み方も場所によって異なっています。

c0157866_149269.jpg



天井にも杉の皮が使用されています。

c0157866_1491990.jpg







 
by bright-style | 2012-09-25 14:16 | アートに関すること

「のび太の部屋」のカーテン。


 昨日、9月3日はドラえもんの誕生日でした。

 それで思い出したのが、新千歳空港内の「ドラえもんわくわくスカイパーク」にある、

 「のび太の部屋」です。  グリーンの遮光カーテンが、まるで作り物のようで驚きました。

 のび太の住む町は、設定上「練馬区」だということを最近知って、ちょっとうれしくなりました。

c0157866_19464235.jpg

by bright-style | 2012-09-04 19:52 | アートに関すること

トワルドジュイ(toile de Jouy)を使用したアート

トワルドジュイ(toile de Jouy)、いわゆるトワレ柄はアートに使用されることもあります。

こちらは、ジャン・ミシェル・オトニエルの「トワル ド ジュイの上のフランス地図」という作品。

地図は硫黄で描かれています。

この作品を見ると、あらためて「トワル ド ジュイ」はフランスの文化、歴史を象徴するアートであり

デザインであることに気づかされます。




c0157866_1037534.jpg

by bright-style | 2012-08-07 10:32 | アートに関すること

草間彌生さんの、展覧会に行きました。


 
 先月の事になりますが、埼玉県立近代美術館に、

 草間彌生さんの展覧会を見に行きました。

 色の組み合わせの妙に、ただただ見蕩れるばかりでした。

 今後は、7月14日(土)から松本市美術館、

 11月10日(土)からは、新潟市美術館にて、草間彌生さんの作品が見られるようです。

c0157866_10205145.jpg


c0157866_1021373.jpg


c0157866_10211349.jpg


c0157866_10212519.jpg


c0157866_10213690.jpg

by bright-style | 2012-06-22 10:24 | アートに関すること

アートなフロア

先日終わってしまった「ジャクソン・ポロック展」。ご覧になりましたか? 

晩年の彼の絵の具をまき散らした様な代表的な作品には強烈なエネルギーを感じます。




c0157866_18195272.jpg






会場内は撮影禁止でしたが、唯一彼のアトリエを再現したコーナーだけ写真を撮ってきました。

そのフロアは製作中の絵の具であろう色が、まるで彼の作品そのものに飛び散っていました。



c0157866_18215222.jpg




c0157866_1823947.jpg




こんにアートなフローリングの部屋があったら、どんな家具を置こうかどんな照明にしようか

考える始めると楽しくなってきます。
by bright-style | 2012-06-07 09:09 | アートに関すること

パブリックアート


東京でも様々な場所でパブリックアートを目にすることができます。

まわりの景色に溶け込んでいるアート作品も多いのですが、こちらはとあるホテルの前に忽然と存在し、

大きなインパクトと存在感を放つアートでした。 後ろに見える人物との対比でその大きさはお分かりに

なるでしょうか。 意外な場所でのアート作品との出会い。 それがパブリックアートの楽しさですね。






c0157866_10431842.jpg

by bright-style | 2012-05-22 10:45 | アートに関すること

木製ブラインドに見る、光と影。

 今日5月21日(月)は、実に173年ぶりとなる金環日食の日です。

 木製ブラインドから差し込んでくる「光」と、

 それによって出来る「影」に、神秘的な変化がありました。

 7時40分頃の様子。角が取れた丸い影に。
c0157866_1039127.jpg


 それから10分後。光の輪郭がだんだんと移動してきました。
c0157866_10404422.jpg



 太陽の角度が浅めだったので、床面よりも壁面に映る影の方がより鮮明だったのかもしれません。

    8時過ぎには、丸が欠けた形になりました。こちらも、木製ブラインド通した光です。
c0157866_10452750.jpg

by bright-style | 2012-05-21 10:53 | アートに関すること

モリスの布を使ったインテリアアイテム作りが得意な作家と、インテリアデザインが大好きなコーディネータの、日々の活動を綴っております。


by interior styling of bright